よさこい 音楽 – そもそもなんでよさこいやってるの?  やっぱりよさこい曲は大事だなというお話

ジャッキ―の考え

そもそも なんでよさこいやってるの?

なんで人はよさこいを踊るのか って考えたことはありますか?

 

なんで人はよさこい踊り、ソーラン踊りを楽しむのか。

よさこいが好きだから

というのももちろんありますが

よさこいを通じて、ちょっぴり人と違う体験したいから

 

というのも大きいと思います。

 

そして他の人に注目されたいんです。

難しい言葉でいうと「自己重要度」にめざめるわけですね。

 

それを念頭においてチーム運営してください。

きっと明日からチームメイトが変わります!

こんな人っていますよね

困った人

よく理由をつけて練習をサボる人とかいるじゃないですか。

練習時間内も真剣にやらず、他の人の集中力をそぐ人とか。

 

例えば先生と生徒みたいな関係だと、「指導」「注意」に従いますが...

普通はよさこいは「任意」で「やりたい人」が集って「チーム」になります。

ほとんどの場合、師匠と弟子みたいな強制力は代表にはありません。

だから彼ら・彼女達に口をすっぱくして注意しても、めったなことじゃ変わりません。

 

人は人に言われて変わりたくないんです

例えば、あなたは人に言われて「ハイ、そうですね、明日から変わります」なんて気持ちよく言えますか。

だから

自分で「気づく」ように仕向けてあげてください。

提案です ブレストをしてみては?

一度ミーティングをしてはいかがですか。

ブレイン・ストーミング (ブレスト)の手法を使えばいいと思います。

 

そしてひとりひとりに、尋ねるのです。

「なぜあなたはよさこいを踊るのですか」

「なぜうちのチームを選ばれたんですか」

答えは色々あると思います。

 

「よさこいがかっこよかった」
「目だってみたい」
「楽しそうだから」
「友達を作りたかった」...

大きなホワイトボードか紙にそのすべてを書き出していってください。

一つ一つの発言に対して、その場で意見を言ってはいけません。

すべて出るがままに書いてゆきます。

出尽くしたら今度は意見をグループ分けしてゆきます。

グループ分けが終わったら各グループについて、各自に考えてきてもらいます。

おそらく正解はありません。

でもひとりひとりが真剣に考えることが大事なんです。

みんながどれだけチームのことを愛していて、各メンバーひとりひとりが大事かということを認識できれば、それだけで踊りが変わると思います。

そして。

その時に代表や、スタッフの熱い思いを伝えればよいのでは?

曲や振り付けが外部の人であれば、できれば彼らにもその思いを話してもらうべきです。

共通のスローガン・目標を決め、各自がカードやキーホルダーなどに書いて、いつでも眺めるというのも効果があるかもしれません。

でもねえ...

宣伝になるかもしれませんが〇〇があれば

良い「曲」 、  「衣装」 があれば、運営はずっとラクになります。


予算が無いから、新しいよさこい曲を作れないとか、振り付けを頼めない、よさこい衣装に金をかけられない...もちろんわかるのですが。

お金が無いと嘆いたり、諦める前に努力はされましたか?

よさこい音楽については当方をはじめ、貸し出し に応じるプロダクションがいくつもあります。

 

よさこい衣装は、探せばいくらでも適正な価格で提供してくれる販売店があります。

よさこい振り付け。 ビデオを数年分研究するだけでも、かなりエッセンスをできます.

 

よさこい曲についてのプロとしてのアドバイスです

何かしっくりこない時。衣装や振りは小手先で変えられてもよさこい音楽は簡単には変えられない。

最初にきちんと作ることが大事です!

練習と本番で、何十何百回も聞く『よさこい音楽』

適当に作られた「魂」の入っていない曲だと飽きます。

おざなりに作られたよさこい曲⇒やる気がわかなくなる。

 

『よさこい音楽』についてもっと真剣に考えてみてください。

例えば、それなりの規模のイベントに出演したとき、自分達の前後のチームが同じ曲で踊っていたら???

気分はいいですか?

 

それから

・ 自動作曲ソフトで安易に作られた曲。

・ 1番も2番もまったく同じアレンジのコピー。

・ サビになっても盛り上がらない曲。

こんなので踊って楽しいですか???

最後に

多数の観客から、あなたは注目されます。

観客の「見る力」と対抗できる「見せる力」を持ってください 。

 

もう一度いいます。

 

本気で作ったよさこい曲で踊って下さい

少なくても私は本気でお付き合いしますから。

自分が踊ってたし、旗も振ってましたし、MCもやってきましたし。

 

そして3チーム、運営に携わってきましたし。

かっぽれ YOSAKOIソーラン祭り

私のチーム かっぽれ
YOSAKOIソーラン祭りにて

恵庭夢創

私のチーム
恵庭夢創 YOSAKOIソーラン祭りにて

FUKUE・踊浸俱舞隊

私のチーム
FUKUE・踊浸俱舞隊
YOSAKOIさせぼ祭りにて

 

毎年、審査員もやらせてもらってます。

海外にも二度遠征しました。

少なくても、「本気」です。

今年で26年目。

 

今年もコロナ禍でよさこいイベントがどうなるかわかりません。

 

でも、みなさんと同じで 本当にイベントを開催してほしい。

心から願ってますし、開催されるものと信じています。

 

開催されたら

 

みなさん、光り輝いてください。

 

よさこいの力は偉大です!

よかったらご参考にどうぞ

よさこい曲 試聴
自分自身がよさこいの踊り手6年、そして 煽り、大旗をトータル16年経験。 踊り手として、連の中でどういう風に音が聞こえるか、毎回演舞で試行錯誤して、踊り手が一番聞きやすい、踊りやすい音、音楽を完成させました。
曲製作実績
よさこい 曲 - 踊り手/審査員が作る踊りやすくて評価されやすい曲をのべ450チーム/イベントに提供。 どうぞ実績をごらんください。
楽曲製作費用
よさこい曲やダンス曲の制作費用です。 同クラスの音楽制作プロダクションと比べて、圧倒的にお得な価格です。 そして。 私自身がよさこいの踊り手、旗振り、MCの経験者です。 踊る人の気持ちで作っています。
よさこい衣装 製作
よさこいを踊り続けてきた私が一番踊り易くて耐久性がある衣装をプロデュースします。 製造メーカーと直接取引しているのでとってもお得なお値段でお出ししていますよ。

 

ちょっと熱くなって語りすぎたかも。

でも 今年の夏は熱くしたいな。

みんなと一緒に熱中したいな!

 

 

 

Follow me!

コメント

PAGE TOP