vol.2 モチベーションの持続②

ほな どうしたら、モチベーションを持続させるか ちゅう 話ですな。

まずは、現在の自分では『実現不可能なくらいの大きな目標』をたてるんですわ。

例えば、よさこい三大まつり全部で、大賞を 5年取り続けるとか、偏差値40の人が 東大に現役でトップで合格するとか。

でも、そんな壮大な 『夢』  想像すらできまへん。

で。 その夢を実現するために、現在の自分がどうあるべきかを、具体的にイメージするわけです。

例えば、少なくても メジャーな祭りで3位以内に入るとか、学校で10番以内の成績をとるみたいな。

その場の景色はもちろん、香りや音までが生々しく想像できるよう、毎日 寝る前と起床時にイメージトレーニングして下さい。

(成績がクラスで30位の子が 1位になったら、本人はもちろん、両親も狂喜乱舞しますわな。 三田牛のステーキを食べにつれてってくれるかもしれません。 欲しかったボードを買ってくれるかもしれません。 そう、自分に都合の良い光景をリアルにイメージするんですわ)

でも、現在あるべき自分の姿と現実とのギャップがありますわな。

それ(ギャップ)を 潜在意識が 埋めようとします。

意識空間にある情報を 潜在意識が集めてきます。 (チャンスとか、きっかけ とか 呼んだりします)

それを、偶然ととらえたら、終わり。

必然ととらえて、チャレンジすること。

『チャンスの女神は 後ろ髪がない』  前髪をつかんで、女神をぶんぶん振りまわしてください。

でも、それだけでは モチベーションの維持は 困難です。 必ずメゲます。

達成可能な 『小さな目標』については 次回に

vol.3 モチベーションの持続③ 達成可能な「小さな目標」をたてる
【達成可能な 「小さな目標」をたてる】 大きな目標を作ること。 それを達成するために、例えばダ イエットだったら痩せた自分が着るであろう服を眼につくところに吊るしておくとか、いつかはフェラーリに乗れるような経営者になりた...
PAGE TOP